• Slider
  • スポンサードリンク




0歳児と行く3泊4日の北海道家族旅行2日目~花畑牧場で生キャラメル~


二日目の朝は8:00頃と遅めの起床。

早く起きて観光地いろいろ回ろうと思っていましたが、結局この時間になってしまいました。

今日は富良野に行こうと思っていましたが、あいにくの雨。

お花畑は天気の良い時に見たいということで、次の日行く予定だった帯広に目的地を変更します。

赤ちゃんがいるとより準備に時間がかかり、計画通りには進まないですね。

前述のとおり朝ご飯を済ませ、旅館で記念写真を撮影してもらったりしていると出発が10:00を過ぎてしまいました。

今日は帯広方面に行こうと計画しておりましたが、出発が遅くなったので、到着時間もかなり遅くなってしまいました。

長時間の車の運転は赤ちゃんもいるし、凜も機嫌が悪くなるし、遊ぶ時間が削られてもったいないし、私の計画ミスでした。

朝8時頃には出発できると考えて計画していましたが、赤ちゃんがいるし、自分も起きれなかったりして、全然ダメな計画でした。

 

 

 

花畑牧場で牛さんと生キャラメルのお菓子を楽しむ♪


dsc_0504

途中お腹が減ったのでパーキングエリアで軽食を買います。

じゃがもちみたいなのとザンギとココアを注文。

じゃがもち意外にまいうー。

img_20160923_125246

雨が降っていて寒かったので暖かい軽食が身体に染みます。

はちみつちゃんのおむつ替えも行ってすっきりしたところで、出発。

花畑牧場に到着したのは14:30頃でした

雨は小雨になり、傘がなくてもなんとかいける天気です。

牧場には早速牛がいてテンションが上がります。

はちみつちゃんにも牛を近くで見せますが、びびって目を合わせようとしません。

dsc_0514

また、リャマもいました。

柵が低いけど大丈夫なのでしょうか。簡単に飛び越えてしまいそうに思えます。

リャマは私たちが近寄ると興奮して立ち上がって怖かったです。

dsc_0537

次に来た人には唾を吐いていましたが、気性が荒いのでしょうか。

その他動物もちらほらいたので見学。

dsc_0543

チーズ工場もあり、様々なチーズについての説明がありました。

dsc_0494

私の好きなラクレットについての説明もありました。

ラクレットはフランス語で「削る」という意味のようです。

ラクレットを電子レンジでチンしてそのまま食べるのも美味しいですし、ゆでたじゃがいもやパンにのせて食べても最高ですよね。

 

最後は生キャラメルを作っている製造行程も見れました。

dsc_0561

テレビでは見たことあったのですが、機械で大量生産しているのではなく、小さな鍋で少しずつかき混ぜて丁寧に作られていました。

一粒一粒が美味しい理由がここにあったんですね。

お土産屋さんでは以下のようなお菓子を買いました。

試食が豊富で、食べるとおいしくてついつい買ってしまいました。

1478178494605

 

●カマンベールチーズポップコーン(¥390)

北海道限定の商品 ノンフライで油を使わず熱風だけでコーンを弾いているそうです。

カマンベールチーズがかなり濃厚でとても贅沢な味わいのポップコーン。

塩気が強く、おつまみにも最適なポップコーンですね。

 

●もちっぷす(¥391)

こちらも北海道限定で、北海道産もち米を60%使用したおかきに生キャラメルをしみ込ませた新しいお菓子です。

食感はおかきのサクッと生キャラメルのとろっとしたのが合わさり、サクッジュワッといった感じで、手が止まらないです。

生キャラメルは甘すぎず、ちょうどよいキャラメルの風味を感じます。余韻としてはおかきのもち米の風味が口の中に残り美味しいです。

 

●とかりんとう(¥391)

もちっぷすはおかきに生キャラメルを合わせていましたが、こちらはかんとうに生キャラメルを合わせたお菓子となっています。

こちらも北海道限定と書いていました。

食感はもちっぷすのようにサクッジュワッというのはまあ同じようなイメージでしょうか。

ただ、こちらのほうが甘いかりんとうに生キャラメルをしみ込ませているので、もちっぷすよりかは甘いです。

口残りの風味もとかりんとうの方が甘く残ります。より甘いお菓子が好きな人はこちらですね。

img_20161001_134324

左がもちっぷす、右下がとかりんとうです。

 

●生キャラメル(¥648*2種)

生キャラメルは以前もらって食べたことがあり、その時は普通かなと思っていたのですが、今回食べるとすごくおいしかったです。

季節柄温度がちょうどよかったのか口の中でとろけるような味わいでした。

普通の方はクリーミーなキャラメルで濃いほうはキャラメルが濃厚でほんのり苦みが感じられました。

ミルクの量が異なるのでしょうか。

苦みのある濃いほうが大人の味で特に好きでした。

dsc_0652

左が普通、右が花畑牧場本店限定の濃いやつです。見た目はあまり変わらないですね。

 

1時間ほど花畑牧場で滞在した後、15:30頃幸福駅に向けて出発しました。

 

 

 

幸福駅で幸福へのチケットを!


dsc_0623

ホテルへの道のりの途中で幸福駅という観光スポットがあることがわかりました。

花畑牧場から車で20分弱の距離です。

せっかくなので行ってみることに。

到着すると幸福駅という看板ともに待合室があったり、電車が停まっていたり、売店があったりして、人も多くにぎわっていました。

廃線後もこのように観光地として生まれ変わらせたアイデアは素晴らしいです

電車の中には幸福駅の歴史、思い出が写真とともにたくさん詰まっていました。

dsc_0576

縁起が良いため幸福駅でウエディングドレスを着たカップルの写真も展示されていました。

みんな幸せそうな笑顔いっぱいです。

幸福駅には幸福ゆきの切符がたくさん貼られており、それぞれの人の思いが綴られていました。

dsc_0603

なんやかんや写真を撮ったりしていると1時間弱時間が経過していました。

たくさんの人の幸せが詰まった素敵な観光地でした

 

 

 

 

六花亭で有名なバターサンドを購入


img_20160923_170851

幸福駅を出発したのは16:30を過ぎた頃でした。

帯広にもかの有名な六花亭があるということで、ちょうどホテルの近くにあったということもあり、六花亭でお菓子を見に行くことにしました。

六花亭では、バターサンドを買おうと思っていたのですが、実際店舗に入ると様々な種類のお菓子が並んでいます。

見ている中で、六花亭のお菓子がバラ売りされているのを発見!

img_20160923_171652

いろんなものをちょこっと食べたい私にはありがたいバラ売り。

おいしそうな以下の五種類を買いました。

dsc_0883

dsc_0886

 

 

●ひとつ鍋こしあん(¥120)

最中が柔らかくて口の中でとろけるよう。

お餅とこしあんの当然マッチする美味しさ。

シンプルながらも素材のバランスが良く王道の美味しさがある。

 

●玉がしわ(¥125)

こちらはメープルシロップ風味の焼き菓子です。

ふんわり食感のケーキの中にはぐにゅっとしたレーズンとサクッカリッとしたペカンナッツの食感がメープルの甘さと合います。

最初くるみかと思いましたが、裏面を見るとペカンナッツと書いてました。

 

●霜だたみ(¥120)

サクッサクのパイにコーヒークリームを挟んだお菓子。

パイ生地がボロボロなりやすく繊細さがあります。

裏面に香料の表記がなかったですが、それであのコーヒーの風味が出せるとは…さすが食べるカプチーノです。

 

●白樺羊羹栗(¥230)

パッケージが白樺の木のデザインのオシャレな羊羹です。

栗の味わいが深く、羊羹があまり好きではない凜も美味しいと言っていました。

バラ売りではこし餡、小倉餡よりも少し高いお値段設定でした。

食べる分を押し出して糸で切るタイプの羊羹で時間や場所にこだわらずに食べれるポータブルな羊羹に仕上がっています。

 

●マルセイバターサンド(¥125)

六花亭と言えばマルセイバターサンドですよね。

合計五つを食べましたが、やはり美味しさの格が違うなと感じました。

外側のしっとりクッキーと中のクリーム、レーズンがこの上なくハーモニーを奏でます

他の四つも美味しいなと思っていましたが、最後にこれを食べるとやはりバターサンドの人気が出る理由がわかります。

 

六花亭にはケーキも売っていましたが、かなり安いですね。

img_20160923_171054

2階は喫茶店もあり、時間に余裕があればゆっくりしたかったのですが、はちみつちゃんの寝る時間もあるので、ホテルへ向かうことにしました。

その他行こうと思っていたクランベリーも翌日行くことにしました。

 

 

 

観月苑で十勝川温泉と海鮮を満喫


dsc_0662

ホテルに到着したのは17:45頃です。

今回も旅館は和室の部屋を予約しました。

お腹がぺこぺこだったので、荷物を降ろしてすぐに食事に向かいます。

夜のバイキングでは海鮮はもちろんのこと、今度はしゃぶしゃぶでお肉を楽しむことができます。

1478178544360

「海鮮+お肉=幸せ」という式がここでも成立するとは!

私の一押しはラクレットの表面を焼いて溶かし、パンに落としてくれるこの一品が最高に美味しかったです。

img_20160923_193345

3回並んで3皿も食べてしまいました。

その他お寿司や刺身なども食べまくり、お酒のあてになる食材も多かったので、ビールを注文してしまいました。

img_20160923_193639

img_20160923_193657

img_20160923_193647

その後さらに日本酒もいってしまいました…。

img_20160923_185703

大変満足でございました。

満腹で部屋に到着し、横になるといつの間にか部屋が真っ暗になっており、凜とハチミツちゃんが寝ていました。

いつの間にか落ちていました。

眠い目をこすりながら温泉に向かいます。

深夜だった頃もあり貸し切りでした

お風呂に丸太が浮いていたので、それにつかまって遊びながら温泉を楽しみました。

そしてまたすぐに寝ました。

 

次の日の起床は7:20頃です。

まだ少し眠かったですが、今日は富良野に行く必要があったため、早めに朝ご飯を食べに行きます。

またこのような美味しそうな海鮮が用意されています。

img_20160924_074522

朝からこんな贅沢をして許されるのでしょうか。

勝手丼ということで甘エビといくらをたっぷりのせて海鮮丼をつくります。

温泉卵との相性も抜群です。

お代わりして3杯ほど食べました。

img_20160924_075502

十勝牛乳も濃厚ですごく美味しい。

img_20160924_074558

その他1品料理やデザートなども食べ、朝からまたお腹いっぱいになりました。

さて、ゆっくり食事と準備をしていると結局出発は9:30を過ぎてしました。

観月苑の宿泊費は大人二人で35,184円でした。


スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。