• Slider
  • スポンサードリンク




間食しないダイエット計画-ルールを決める-


5月下旬途中経過。

30歳になった時の体重、体型が、その後の人生の体重を決めると何かで読んだことがありました。

確かに30歳までにダイエットできなかった人は、代謝が落ちていく40歳、50歳だと、さらにダイエットが難しくなるということは納得できます。逆に、30歳までに体型をキープできていれば、生活習慣がしっかりしているということなので、その後も太らずに維持していける可能性が高いのでしょう。

茂吉も30歳目前

今後の人生の体型のターニングポイントとして、5月からダイエットを始めております。同僚には、毎年同じこと言っているねと言われてしまいましたが、今回は本気です。ダイエットのタイトルもしっかり決まっております。また、ブログで報告することで、よりモチベーションを上げたいと思います。

目標は半年で-10kg!現在85kg→75kgへ減量。痩せる!

大きく出たいと思います。

ちなみに現在のお腹はこのようになっています。ぽっこりお腹です。

diet_maylast

すいません…見るに堪えないですよね…

○○ダイエットというのが巷ではいろいろありますが、私が選んだのは、

間食しないダイエット!+週一の運動

このテーマを自分に課すにあたり、以下のような3つのルールを作りました。

 

ルール


① 間食をしない

② 清涼飲料水、お酒を飲まない

③ 週に一度30分間の筋トレを行う

 

 

① 間食をしない


朝、昼、晩の食事はしっかり食べ、間食のお菓子を食べないようにする。空腹の際はお腹に食べ物が入っておらず、エネルギーとしてお腹の脂肪を使っている最中だと自分に言い聞かす。(知見を高めるために、凜が面白そうな物を食べているときは一口もらう

以前は会社でも合間にお菓子を食べたり、家に帰って食事をした後にアイスクリームを食べるなど、間食のカロリー摂取がかなり多くなっていました。そういったものが、積もりに積もって今のお腹周りを形成しているのですね。

間食を辞めれば、ダイエットだけでなく、ご飯が美味しくなるというメリットもあります。お腹が減っていると、毎度の食事が待ちに待った、楽しみな時間になります。

 

② 清涼飲料水、お酒を飲まない


間食とともに、いとも簡単にカロリーオンできるのが、糖分が多く含まれる飲み物摂取によるものではないでしょうか。特に暑くなってくるこの季節、冷えたジュースやビールを飲む幸せは何者にも代え難いです。

ただ、コーラ500ml1本やビール生中を1杯飲むだけで、約200ml強カロリーを簡単に取ることができます。甘い清涼飲料水を頻繁に飲んでいると、だんだんと中毒になり、本数が増えていってしまいます。ビールも飲み会では何杯も飲んじゃいますよね。それに脂っこい料理がまた合う。

清涼飲料水を今日からに替え、大好きなカルピスやピルクルとはしばらく距離を置きたいと思います。ちなみに、仕事の関係上、接待などでお酒を飲まないわけにはいかないので、お酒は仕事の飲み会のみにし、家では晩酌をしばらくは控えます

清涼飲料水、酒を毎日飲む習慣のある人は、半分に減らすだけでもみるみる痩せていくと思います。

 

③ 週に一度30分間の筋トレを行う


やはりダイエットには運動が大事ですね。筋肉量を増やして、代謝を上げることで、脂肪を燃焼させます。

週に一度30分だけの運動ですが、その短時間の間で自分の限界だと思う力を出すようにします。ジムのトレーナーに言われたのは、一つの部位を鍛える際に、1セットを3回に分けて、運動量を上げていき、最後に一度だけ限界に触れるだけで、筋細胞が破壊され、筋肉量が増えていきます。

具体的には、例えば、腕立て伏せで言うと、30回がその人のが限界だとします。1回目は準備運動がてらに、10回行う。インターバルを約20秒。2回目は少し負荷を上げて、20回行うい、限界へ挑戦する準備。また20秒休憩。3回目で30回を目指し、腕で体が上がらなくなるまで行う。これを続けていれば、筋肉量は増大していき、太りにくい身体を作っていくことができます。

本当は週に2日行ければ、より効率が良いのでしょうが、週1日でも十分に効果があるそうです。行ける週は2回行くようにしています。

 

上記ルールでどこまで痩せることができるか、自分と戦っていきたいと思います。

目標が達成できれば、凜に美味しいお寿司をおごっていただきたいと思います。

 


スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。