• Slider
  • スポンサードリンク




今の香水に飽きたら、次に使いたい万人受けするおススメ香水9選


皆さんは自分がこれだと思う香水はあるでしょうか。自分にぴったりの1つの香りを見つけるのはなかなか難しいですよね。

毎年何百種類もの香水が発売されていて、何百種類もの香水が消えていきます

香りの好みは人それぞれなので、自分がよいと思う香水をつければ、いいですが、やっぱり周りの人からもいい匂いだと思われるような香水をつけたい!

そんな中で、香水ランキングで上位に君臨する香水や、口コミで人気がある香水の中で、これは比較的万人受けするだろう香水をピックアップしてみました。

自分も好きになる匂いだし、周りの人もいい匂いだと思ってくれそうな香水です。

使っている人は多いと思いますが、その香水に少し飽きたな次何にしようかなと迷われている方は、是非以下の香水を是非試してみてください

 

 

今の香水に飽きたら、次に使いたい万人受けするおススメ香水9選

 

Eclat d’Arpège / Lanvin


ランバンのエクラドゥアルページュです。箱もオシャレな香水です。

グリーンシトラスの涼し気香りの後に、ほんのりとした甘みが追ってくる、おとなしい香りです。香水が苦手な人も、これだと大丈夫と言われるのではないでしょうか。

もともと体臭のきつくない日本人は、このくらいほのかな香りを好み、エクラが人気というのもそこにポイントがあるように思えます。

嫌味がなく、すっきりしていて、さりげない香りを楽しむことができ、嫌いな人がいない香水ランキング1位に認定されそうな香水です。

トップノート同様残りもほのかな香りを楽しむことができます。

 

 

ピュアシャンプーの香り FIANCEE


フィアンセのピュアシャンプーの香りです。

エクラのほのかな香りが好きだったが、もう少しはっきりしたトップを楽しみたいという人はフィアンセは如何でしょうか。

トップのフルーツ、グリーンアップルが強く、長い髪の方がシャンプーした後のような香りが広がっていきます。昔使用していたLUXのようなイメージでした。

清潔感があるやさしい香りで、こちらも嫌いという人はあまりいないでしょう。

こちらはボディミストなので、価格がかなり安く、お財布にもやさしい香りとなっています。

様々なシチュエーションでカジュアルに使用することができる万能の香水(ボディミスト)です。

 

 

 

incanto charms / Salvatore Ferragamo


サルヴァトーレ フェラガモのインカント チャームです。

フィアンセも間違いないですが、もう少しフレッシュなフルーティーな香りを試してみたいという人はフェラガモのインカントチャームがぴったりです。

こちらは、最小にペアの香りがして、その後マスカット?、ベリー?、ピーチ?、パイナップル?のように次々とフレッシュなフルーツの香りが漂ってきます。

可愛らしいフルーツの香りですが、同時にジューシー感もあり、高級感のある香りとなっています。

いろんなフルーツが感じれれて混乱しそうですが、総じて良く、瑞々しいフルーツの香りが、いつまでも嗅いでいられて、清涼感があります。ボトルも涼し気ですね。

 

 

 

Eau de White Floral / JILL STUART


ジルスチュアートのリラックスオードホワイトフローラルです。

インカントのフルーティーな香りは好きだが、もう少しフルーツ抑えめで、フローラルリッチな香水を使いたいという人はジルにしましょう。

ジルスチュアートのブランドは可愛すぎですよね。この香水もチャームが付いていてジルっぽいデザインで可愛い。

カシスのようなオレンジのような甘さがふわっと香って、さらにホワイトフローラルがそれを包み込むようにして、いい香り―。

トップはフルーティーで甘いけど甘すぎずフローラルとのバランスがいいですね。

清楚な女の子にぴったりの香水です。

 

 

 

Chloe Eau de Parfum / Chloe


クロエ オードパルファムです。

ジルのようなホワイトフローラルもいいけど、ローズがしっかり香る香水を使いたいという人はクロエに決まりでしょうか。

ジルのホワイトフローラルを使っている人はクロエも使われている方が多いような気がします。

ライチとローズとウッディの香りがすっと一直線で感じられるような、シンプルであるが、存在感もある香りです。

石鹸のような清潔感も同時に持っており、強めに付けていても、さりげなく感じられるような香調で、魅了されます。

私の周りでもクロエは使っている人がかなり多く、ここ数年ずっと人気の香水です。

 

 

Miss Dior Blooming Bouquet / Dior


ディオールのミスディオールブルーミングブーケです。

クロエはみんなが使ってるし、そろそろ他の香水に変えたいという考えであれば、ミスディオールブルーミングブーケはいかがでしょうか。

ボトルのキャップがリボンになっていて女心をくすぐるかわいいデザイン

トップのベルガモットからピーチの甘さがふんわり出てきて、ピオニー、ローズ、ムスクへ続いていきます。フルーツにフレッシュな甘さがあるため、重くなく、軽やかに香水をまとうことができます。

Diorの調香師フランソワ・ドゥマシー氏(François Demachy)がMiss Diorをよりモダンに作り変えた、Miss Dior Blooming Bouquetは、シルクのように滑らかで、心地よく、ずっと嗅いでいられる幸せな香りです。

 

 

 

Chance Eau Tendre / Chanel


シャネルのチャンスオータンドゥルです。

ブルーミングブーケにもう少しシトラスの爽やかさを加えたかったな思った方は、シャネルチャンスオータンドゥルがぴったりです。

シャネルの香水ボトルはシンプルだけど、美しい。こちらのチャンスオータンドゥルも丸い透明ボトルで、シンプルなんですが、おしゃれなデザインとなっています。

シュッと噴くとグレープフルーツのさわやかさな香りが広がり、だんだんとジャスミンが顔を出してきますムスクとイリス甘味のある、パウダリーな香りが優しく包み込み、しっかりと香りが持続し続けます。

こちらもトップがさわやかなシトラスなので、軽やかで、好きな人が多い香りではないでしょうか。

 

 

Vanilla Lust / Jill Stuart


ここで趣向を変えて、よりグルマンな甘い香水にトライしてみたければ、ジルスチュアートのバニララストがぴったりです。

こちらもジルの香水です。かつてこれほどまでにグルマンの香水があったでしょうか。

ちなみにグルマンは食べもの(グルメ)から来ており、甘い食べものの香りのことです。

バニララストということで、最後のバニラという意味かと思っていたのですが、「バニラへの強い欲望」でした。そのくらい濃厚で甘いバニラが包み込んでくれる香りです。

この甘さは思わず、食べたくなっちゃう。シーンによって、可愛くもなり、セクシーにもなる香水です。香りが長く持続するので、朝つけたら夜まで楽しめます。

 

 

Petite Cherie Eau De Toilette/ Annick Goutal


グルマンは使っていると飽きてしまうのも女心。また、フレッシュな香りを求めて、万人受けのするいい香りがないか探しているなら、アニックグタールのプチシェリーオードトワレへ行き、メゾンフレグランスに挑戦しましょう。

ちなみに、メゾンフレグランスとは、ファッションブランドが発売している上記のような香水とは異なり、ファッションではなく、香水を中心に販売し、歴史が深く、少量生産で高級な香水を指しています。よってお値段はお高めです。

プチシェリーはまさに可愛い女の子の香りで、トップノートのペアがかなり印象的な香水です。ペアのようなピーチのような、このフレッシュフルーツの香りを嫌いという人はあまりいないでしょう。

こちらも万人受け間違いなしの香水です。

 

 

如何でしたでしょうか。

有名な香水が多く、全部使ったことがあるという人もいらっしゃるでしょう。

最近の香水は軽めのフルーティー、フローラルの香りが人気で、上記も当てはまる香水がほとんどだと思います。

香水ぷんぷん匂う人より、上記のような軽めの香水をさりげなくつけている人の方がモテること間違いなしです。

私は鼻が最近マヒしてきて、シュッシュ、シュッシュとふってしまいますが…。

使ったことがない香水があれば、ぜひ試してみて下さい!

 


スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。