• Slider
  • スポンサードリンク




ブルーが印象的なMIUMIU初の香水「ミュウミュウオードパルファム」はどんな香り?


ミュウミュウ(miumiu)のオードパルファム(Eau de Parfum)の香水は2015年に発売された、ミュウミュウブランド初の香水です。

ボトルが特徴的で可愛らしいブルーボトルと赤いキャップが印象的です。

このブルーすごく綺麗なブルーですよね。ミュウミュウで香水買ったらこの綺麗なブルーの紙袋に香水を入れてもらってテンション上がりました!

ボトルの模様も可愛らしいですね。鞄みたいだなーと思っていたら、自社ブランドの「マトラッセ」をモチーフにしたボトルだそうです。

ミュウミュウのこれからの香水発売の方向性を決める重要な一手の香水です。

さて、ミュウミュウオードパルファムはどのような香りなのでしょうか。

 

 

 

香りの一般受け、強さ、カジュアルさ、トレンドは?


主観ではありますが、ミュウミュウ(miumiu)のオードパルファム(Eau de Parfum)の香りの一般受け、強さ、カジュアルさ、トレンドは以下のように感じます。

 

一般受け  

強さ    

カジュアル 

トレンド  

 

香りは全体的にはミュゲをベースとした香水です。

最初のトップノートはシトラスからフルーツの香りで掴みはグッドだと思います。

ラストノートの部分でパチュリ+スパイシーさが顔を出してくる部分が苦手な人もいるかもしれません。

全体的には嗜好性の高い香りだと思います。

香りはトップノートは軽めですが、残香は意外としっかりしています。ミドルは清潔感のあるミュゲが中心で、少し軽く感じる印象もあるでしょうか。

使用場面としては、トップの軽さとミドルのミュゲの清潔感が自然に香り、日常でも使えそうな一方で、残香がしっかりしており、香水の価格も高い部類なので、フォーマルに使いこなした香水でもあります。

ミュゲが強調されている部分は、最近Jo Maloneの香水のようなシングルノートを強調する流れを汲んでいるような気もします。

トップは万人受けする香りで、トレンディーな香水と言えるでしょう。

 

 

 

ミュウミュウオードパルファムはどんな香り?


ミュウミュウオードパルファムの香りは穏やかなトップの後、ミュゲが顔を出ししっかり香り続ける香水です。

つけた瞬間はトップノートのレモンが強く感じられますが(10秒くらい)、次第にカシスピーチの上品な甘い香りが顔を出してきます。

また、数十秒ほどでミドルノートのホワイトフローラルを中心とした香りが漂ってきます。

ミュゲがメインに香って、ジャスミンとローズが同じくらい香ってくるようなイメージでしょうか。

miumiuのHPにはLily of the valley(リリーオブザバレー)とakigalawood(アキガラウッド)を組み合わせていると記載されていましたが、Lily of the valley(英語)がすずらん、つまり、ミュゲ(フランス語)のことですね。

シンプルなホワイトフローラルベースなのでナチュラルで清潔感があり、いつまでも嗅いでいたくなります。

残香部分はアキガラウッドの香りがキーとなっているそうですが、アキガラウッドって何?と思い調べるとパチュリから取ってくる香りということです。

確かにパチュリっぽさと、ムスクと合わさった清潔感のあるウッディトーンがあります。さらにスパイシーなトーンもある原料ということで、よ~く嗅いでみるとペッパーっぽさがあります。

ラストノートもしっかりした香りなので、トップの軽さの割にはけっこう残る香水だと思いました。

 

 

一見ミュゲのシンプルな香水かと思いきや、トップのシトラスからカシスピーチへの変化や、ラストノートのキーとなる様々な香りの要素を持つアキガラウッドにより、嗅げば嗅ぐほど複雑な香りに感じられる香水です。

ミュウミュウが満を持して発売した香水なだけありますね。

使うたびに魅了されていきそうな香水だなと感じました。


スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。