• Slider
  • スポンサードリンク




華やかで気品のあるフロリエンタル香水ランコムの「トレゾァ」はどんな香り?


ランコム(Lancome)のトレゾァ(Tresor)オー ドゥ パルファンは世界中でベストセラーとなった、1990年に発売された香水です。

1990年代といえば、カルバンクライン(Calvin Klein)のシーケーワン(CK One)やクリニーク(Clinique)のハッピー(Happy)など名香が次々と生まれた年代でもあります。

トレゾアはフランス語で宝物を意味する言葉だそうです。

確かに英語のトレジャー(Treasure)に近いですね。

トレゾアは宝物=永遠の愛を呼び起こしてくれるような香水です。

反転したボトルはクリスタルピラミッドのようなエレガントなボトルです。

ダイヤモンドのようなキャップを黒いバンドが繋いでいるようで、香水の色もゴールデンに輝き高級感があります。

日本においてはランコムの中でミラクの次に有名な香水です。

そんな名香中の名香であるランコムのトレゾァ オー ドゥ パルファンはどのような香りなのでしょうか。

 

 

 

香りの一般受け、香り立ち、持続性、トレンドは?


主観ではありますが、ランコム(Lancome)のトレゾァ(Tresor)オー ドゥ パルファンの香りの一般受け、香り立ち、持続性、トレンドは以下のように感じます。

一般受け  

香り立ち  

持続性   

トレンド  

全体としてはフローラル+オリエンタルが組み合わさったフロリエンタルの香りです。

トップ~ミドルにかけてはピーチとローズの王道の組み合わせで、嗜好性の良い香りが広がっていきます。

この付けたてのアコードが嫌いな人はあまりいないと思います。

そこからだんだんとオリエンタル調になっていきますが、ベースノートがしっかりとはいっているので残香は強い方です。

このオリエンタルが出てくるところで少し嗜好性が分かれるかと思います。

世界中で売れた人気を誇る90年代を象徴する香水ですが、香りをふっと思い出してまた使ってみたくなるような香水です。

 

 

 

トレゾァ オー ドゥ パルファンはどんな香り?


世界中で愛されるトレゾアオードゥ パルファンはどのような香りなのでしょうか。

トップノートはピーチ、アプリコットの甘酸っぱいフルーティーにローズが合わさった香りです。

ローズとピーチの調和された香りは、王道の嗜好性があり高級感も感じます。

ミドルノートでは芳醇な甘さのあるライラックとコスメティックなイリスがほんのり甘いパウダリーな印象を与えます。

ミドルでもピーチの甘さは残り続け、フローラルとうまく合わさっています。

最後はバニラ、サンダルウッド、アンバー、ムスクといった残香に効く素材がしっかり入っているので、香りが長く残り続けます。

サンダルとバニラがオリエンタルな印象を与えます。

 

フルーティーフロリエンタルの組み合わせが気になる人は是非一度使ってみましょう。

当時使ったことがある人も多いでしょうが、あの日誓った永遠の愛を思い出させてくれるかもしれません。

ということで、以上「華やかで気品のあるフロリエンタル香水ランコムの「トレゾァ」はどんな香り?」でした。


スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。