• Slider
  • スポンサードリンク




キュートな女の子のキュートな香水「ジルバイジルスチュアート」はどんな香り?


ジルスチュアート(JILL STUART)のジル(Jill)は2007年に発売された香水で、リラックスオードホワイトフローラルと並んでジルの人気の香りの一つとなっています。

見た目がとっても可愛く、ピンク色のボトルに大きなダイヤモンドのキャップが光っています。

“いつか、本物の大きなダイアモンドを”というジルスチュアートからのメッセージが込められているようです。

ジルスチュアートブランドは店舗も可愛く、製品も可愛く、色使いも可愛く、まさに可愛い女の子のための可愛いブランドです。

ジルバイジルスチュアートもやっぱり可愛い香りです。

可愛いだけでなく高級感もあり、香水の中には天然香料が贅沢に配合されているとのこと。

では、キュートな女の子が使っているジルバイジルスチュアートはどのような香りなのでしょうか。

 

 

 

香りの一般受け、香り立ち、持続力、トレンドは?


主観ではありますが、ジルスチュアート(JILL STUART)のジル(Jill)の香りの一般受け、香り立ち、持続力、トレンドは以下のように感じます。

 

一般受け 

香り立ち 

持続力  

トレンド 

 

ローズ、グリーンアップルを中心としてフルーティフローラルの香りで、爽やかな甘さのあるガーリーで可愛らしい香りです。

ローズ、グリーンアップルはそれぞれフローラル、フルーティの中でも一番人気の香りの中の一つで、嗜好性は抜群です。

全体的に瑞々しいアクアティックな要素も感じ、そちらも嗜好性を上げています。

トップの印象が軽やかだったのであまり残らないかと思いきや、ミドル以降ホワイトフローラル、ムスクの香りが比較的しっかりと持続します。

ローズとグリーンアップルのバランスがGOODで、今の時代に合った軽やかでカジュアルに使いこなしやすい香りです。

 

 

 

ジルバイ ジルスチュアートはどんな香り?


 

ほんのり甘い透明感あるトップノートはグリーンアップル、レモン、ペア、カシスなどのフレッシュフルーツがマッチした心地よいフレッシュフルーティの香りです。

トップノートはすぐに飛んでしまい、フローラルの香りがどんどん顔を出してきます。

ローズが中心なのですが、ガーデニア、ピオニー、ミュゲ、ジャスミン、マグノリア、オレンジフラワーなどのがミックスされたパウダリーな印象のフローラルブーケがふんわりと漂います。

さらにムスクが全体をふんわりと覆うように香り、サンダルウッド、アンバー、バニラなどのラストノートがほんのり香り続けます。

可愛らしいトップからフェミニンなベースまでの香りの変化を楽しむことができます。

 

ボトルも可愛く香りも可愛く若い世代の女性を中心に人気のジルの香水は男性を魅了すること間違いなしです。

すれ違いざまにこの香りがふわっと香ってくると振り向く男性も多いのではないでしょうか。

ロールオンも販売されていますので、香りの強さを調整しやすく、お化粧直しの時にちょこっとつけるのもいいでしょう。

 

 

キュートなモテ香水ジルバイジルスチュアートを是非一度試してみてください。

ということで、以上キュートな女の子のキュートな香水「ジルバイジルスチュアート」はどんな香り?でした。

 

 


スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。