• Slider
  • スポンサードリンク




ほのかな香りのモテ香水ランバンの「エクラドゥアルページュ」はどんな香り?


ランバン(Lanvin)のエクラ・ドゥ・アルページュ(Eclat d’Arpège)も最近人気の香水の一つで使ったことがある人も多いのではないでしょうか。 

香りにそれほどとげがなく、香水のボトルのように全体的に丸みのある香りで、あまりこの香りを嫌いだという人はいないように思われます。

ボトルも丸みを帯びて可愛らしいデザインですね。

薄紫の色を付けているのはライラックを想起させているのでしょうか。紫には妖艶なイメージもありますよね。エレガントさを演出するためでしょうか。

外側のクリアケースも香水を飾っておく際に綺麗に見え、開け閉めもオシャレなケースです。

2003年に発売され、日本人に合ったほんのり軽めの控えめな香りが受けたのか、瞬く間にヒット香水の一つとなり、現在でも若い女性を中心に人気の香りです。

日本人はあまり香水をぷんぷん香らせたくないですもんね。

さて、エクラ・ドゥ・アルページュはどのような香りなのでしょうか。

 

 

 

香りの一般受け、強さ、カジュアルさ、トレンドは?


主観ではありますが、ランバン(Lanvin)のエクラ・ドゥ・アルページュ(Eclat d’Arpège)の香りの一般受け、強さ、カジュアルさ、トレンドは以下のように感じます。

 

一般受け  

強さ    

カジュアル   

トレンド   

 

香りはほのかで全体的に丸みのあるフローラルの香りで、エクラの香りを嫌いという人はあまりいないように思われます。

多くの人に好まれる香りです

逆に香りが弱いと物足りなさを感じる人もいるかもしれません。

持続性もそれほど強くなく、あまり残らない部類の香水です。

使用場面ですが、価格的にもお求め安く、香りも強すぎないのでカジュアル寄りに普段使いしやすい香水です。

たくさんつけても嫌な香りではないし、価格が安くコスパがいい香水ですね。

日本の現在のトレンドを抑えた香りで、ボトムが強すぎず、トップはほんのり甘いモダンな香りです。

体臭のきつくない日本人はこのくらいほのかな香りを好み、若い女性を中心に人気のトレンディーな香水です。

 

 

 

エクラドゥアルページュはどんな香り?


 

エクラの香りはあまり強くはなく、トップノートからほんのり香る香水です。

トップノートでグリーンシトラス系の涼し気な香りを感じた後、ほんのりとした甘みを感じます。

甘さの部分はすぐに飛んでしまいフローラルの香りが顔を出してきます。フローラルの香りは決して強くなく、こちらもほんのり香り続けます。

ライラックとオスマンタス(金木犀)の香りが漂ってくるのが分かるような分からないような。

最後には控えめなアンバーウッドの香りが優しく香り続けます。

アンバーとウッドがそれほどぷんぷん漂ってくる匂いではなく、薄く香りをまとっているような印象で、相手が近づいたときにふっといい匂いを漂わせることができる香水です。

強い香水が苦手な男性向けにもさりげなくいい匂いの女性を演出することができるモテ香水です。

 

香りに一切嫌味がなく、すっきりしていて、さりげない香りを楽しむことができ、嫌いな人がいない香水ランキング1位に認定されそうな香水です。

ティーンエイジャーが初めて使う香水にもぴったりですし、香水はつけたいけど、あまり強すぎるのはちょっと酔うという人にも最適な香水です。

 

 

香水を既に使っている人はボディローションも使ってみてもいいかもしれません。


スポンサードリンク


2件のコメント

  1. ランバンを付け始めてから、タクシーの運転手さん、飲み会の席でのおじさま、男友達、もちろん女友達にもいい匂い、、、と言われることが多くなりました♩

    • ランバンは本当にモテ香水だと思います。
      強過ぎず、個性的すぎないのでつけていて嫌な顔をされることはないです。
      下記のランバンの香水をまとめた記事もご参考にしてください。
      「みんなの大好きな香りを創り続けるランバン(Lanvin)の人気香水おすすめ5選」
      http://family-neta.com/cosme/lanvinpopularperfume

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。