• Slider
  • スポンサードリンク




色気のある女の子を演出するシャネルの「チャンス オー タンドゥル」はどんな香り?


シャネル(Chanel)のチャンス オー タンドゥル(Chance Eau Tendre)は2010年に発売されてから、ここ数年間ずっと人気の香水です。

チャンスシリーズはチャンスオードパルファム、オードトワレの他にチャンスオーヴィーヴ、チャンスオーフレッシュなどのチャンスが発売されています。

ただ、日本で群を抜いて人気なのがこのピンク色のチャンスオータンドゥルですよね。

平らな丸い透明ボトルはシンプルだけど美しいボトルで、真ん中に書いている「CHANEL」の文字により一気に高級感が増しています。

ロマンティンクなやさしい香りのこのチャンスオータンドゥルにより、ピュアで愛おしさあふれる香りをまとうことができ、恋するチャンスを掴むことができる、そんな香水のようです。

2010年に発売され、バランスの良いフローラルフルーティーの香りが評判で、多くの人に支持を得られている香水です。

2013年と2014年のアットコスメ香水ランキングでは2位を獲得しており、その人気の高さを伺うことができます。

そんな常に人気ランキングの上位に君臨する、チャンス オー タンドゥルはどのような香りなのでしょうか。

 

 

 

香りの一般受け、香り立ち、持続力、トレンドは?


主観ではありますが、シャネル(Chanel)のチャンス オー タンドゥル(Chance Eau Tendre)の香りの一般受け、香り立ち、持続力、トレンドは以下のように感じます。

 

一般受け 

香り立ち 

持続力  

トレンド 

 

香りはフローラルフルーティーの万人受けする香りで、クリーミーさが嗜好性を高めており、様々な世代の女性に人気の香水です。

アットコスメの香水ランキングでも毎年上位にランクインしている人気の高さです。

香りのバランスは絶妙にちょうどよいです。

付けたてはトップノートのフレッシュな香りが広がり、チャンスオータンドゥルを付けた人が通り過ぎるとふわっと香ってくるような拡散性があります。

持続性も弱くなく、トップノートのフレッシュな香りから、ミドルノート、ラストノートへフローラルパウダリーのクリーミーな香りがしっかりと残り続けます。

シトラスのフレッシュさと瑞々しいグリーン、フルーツの香りはまさにトレンドの香りで、そこにクリーミーさがのっている新しさも感じます。

このバランスの良さが女性の色気を高める香りとしてぴったりの香水です。

 

 

 

チャンス オー タンドゥルはどんな香り?


 

チャンスオータンドゥルはトップノートがフレッシュで心地よい香りです。

トップノートはグレープフルーツの爽やかな心地よさとヒヤシンスのグリーンフローラル感、マルメロのほんのり甘いフルーティーさに酔いしれます。

ちなみに、マルメロは日本であまり馴染みがないですが、熟れ過ぎたすももやマンゴーの香りと表現されてたりもします。

固いので生ではあまり食べずに、シロップ漬けやジャムなどにして食べるようです。

ミドルノートからラストノートにかけては甘酸っぱさの感じるジャスミンとパウダリーなイリスのフローラル感がなめらかなムスクとマッチして、クリーミーなフローラルフルーティーとしてまとまっています。

この香りの組み合わせが、全体的にバランスの良い究極の心地よさを実現している香水です。

特にこのクリーミーさには男性もうっとりしてしまい、女の色気を高めること間違いなしです。

フローラルフルーティーの万人受けする香りで、香りがきつくなく軽やかであり、トップからラストまで比較的香りが崩れずに残ります。

 

それほど強く香水を香らせたくない女性のために、チャンスオータンドゥルのヘアミストもあり、よりカジュアルにチャンスオータンドゥルを楽しむことができます。

 

 

ボトルが香水とほぼ同じなので購入の際は間違えないようにしましょう!

フローラルフルーティーですが、ただの嗜好性のよいフローラルフルーティーではなく、ラグジュアリーなフローラルとクリーミーさが香水に奥深さを与えます。

一般受けの良さと高級感は相反しそうですが、こちらはその両方が感じられ、女性の色気を最大限に高めてくれます。

是非一度お試しください!


スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。