• Slider
  • スポンサードリンク




1歳の赤ちゃん中耳炎奮闘記~電動鼻水吸引機に助けられた~


中耳炎は赤ちゃんや子どもがかかりやすい病気のひとつです。

私自身、幼少期に慢性の中耳炎に苦しんでいたので、ハチミツちゃんの世話をするときには特に気をつけていました。

毎回お風呂で水が耳に入っと思ったら、すぐ綿棒で掃除をするという習慣をつけていました。

しかし、今回ハチミツちゃんが中耳炎になってしまいました

1歳までの赤ちゃんは比較的かかりやすい病気のようです。

ハチミツちゃんの中耳炎奮闘記を備忘録に残しておきたいと思います。

 

 

 

風邪の鼻水菌から中耳炎に


ある日、ハチミツちゃんが熱を出して風邪を引いてしまいました。

少し運動した後で、身体が火照って熱いのかなとも思っていましたが、その熱さが一向にひきません。

いつのまにか鼻水をだらだら流して本格的な風邪っぴきになってしまいました。

ただ、1週間ほどで風邪は治りました。

その後、特に耳が痛い様子などもなく気づかなかったのですが、後日なんとなく耳を見たときに膿みたいな耳だれの症状があり、液体が外まで出てきているのを確認してびっくりしました。

恐らく中耳炎だと思って、すぐ耳鼻科に連れていきました。

私は以前まで中耳炎というのは耳からばい菌が入ってなると思っていましたが、ハチミツちゃんを病院に連れて行って、風邪から併発することが多いのだとわかりました。

ハチミツちゃんも今回は風邪で鼻水が出て、その鼻水の中の菌から中耳炎を起こしたようです。

過去も2、3回風邪を引いたことがあったのですが、耳まで感染してしまったのは初めてでした。

 

 

 

中耳炎の病院での治療


病院で耳のなかを検査してもらったらやっぱり急性中耳炎でした。

ハチミツちゃんは風邪で一週間くらい鼻水を垂らしてたので、それが原因だとお医者さんに言われました。

鼻水の中のウィルスが鼻から耳へと入り込み炎症を引き起こしたようです。

ちなみに、赤ちゃんの中耳炎の検査は大変でした。

ハチミツちゃんを私の膝に座らせて私が手と足を固定し、看護婦さん二人がかりでハチミツちゃんの身体と頭を押さえつけてもらいました。

何をされるのか分からないハチミツちゃんは可哀想なことに必死に抵抗して泣いてました。

その時、泣きすぎて顔の毛細血管から内出血し、そばかすみたいな赤い点々が顔にたくさん出てしまいました。

2,3日後にはなくなりましたが焦りました…

病院で中耳炎と診断された後、耳の中の炎症を抑える抗生物質を処方してもらいました。

1日2回飲ませましたが、薬がなくなってから4日後もう一度病院を訪れ診察してもらった結果、まだ治ってない的なことを言われ心配していました。

さらに違う種類の抗菌薬と鼻水を抑えるアレルギー系のくすりを処方されました。

あとは、鼻水が治らないと耳も治りにくいということで、頻繁に鼻水を吸ってあげた方がいいと言われました。

 

 

 

鼻水の吸引に奮闘


薬はしっかりお医者さんに言われたように飲ませていました。

問題は鼻水を吸うということです。

赤ちゃんなのでティッシュで鼻をかむのはなかなか難しいです。

お口で吸うタイプのママ鼻水トッテも買いましたが、ハチミツちゃんがすごく嫌がるし、私も吸う力加減が分からなくて毎回失敗して諦めていました。

また、口で吸うタイプは口コミを見てると子どもの鼻水が口の中に入って、お母さんが風邪を引いてしまったという声もあったので、多少敬遠していました。

ネットで色々調べていると電動のタイプを鼻水吸引を発見しました。

使い方が簡単で、確実に鼻水を吸えるという口コミもあったのでいいなと思ったのですが、値段が結構高いです…

でも、ハチミツちゃんの鼻水が治らずに、中耳炎治療がより長引いて慢性の滲出性中耳炎になったらもっと大変だと考え、購入しました。

楽天で購入するとすぐに翌日到着しました。

 

 

 

便利過ぎる電動鼻水吸引機


電動鼻水吸引機はいくつか形状や種類の違いがあったのですが、特にAmazonと楽天で口コミの良かった以下シースター社のベビースマイルにしました。

 

使ってみるとあらびっくり!鼻水があれよあれよという間に吸引されていきます。

ハチミツちゃんの鼻の中のこんなにも多くの鼻水がつまっており、放置していたのがとても申し訳ないです。

ノズルにどんどん鼻水が吸い込まれていくので、楽だし気持ちいです。

ハチミツちゃんも最初は嫌がっていたのですが、慣れてくると鼻水が取れて気持ち良いのか、自分で鼻の穴の中にノズルを突っ込んでいました。

ノズルはシリコンなのでケガもせず安心です。

「じゅるじゅるじゅる」と効果音を付けてあげると楽しそうにしていました。

部品が簡単に取り外せるので鼻水がたまったコップも簡単に洗えます。

もっと早く買っておけばよかったと後悔しました。

ちなみに蓄膿症の茂吉は自分の鼻水対策にも使えるんじゃないかと喜んでいました。

もちろんノズルは替えますよ!

 

最近は上記シースター株式会社のベビースマイルと、下記の新鋭工業株式会社のスマイルキュートが競合しており価格が少し安くなってきています。

消費者にはありがたいですね。

 

 

安くなったと言ってもまだ価格的には高いですが、どちらも評判が良く、口で吸うタイプの手間と風邪になるリスクを考えれば、早めに電動の鼻水吸引機を購入しても良いかなと思います

 

5日間くらい鼻水をじゅるじゅる吸い取っているといつの間にかハチミツちゃんの鼻水も止まっていました。

それと同時に中耳炎も治りかけています。

中耳炎はなかなか治りにくいと言われており、完全にうみが抜けるまでは油断できません。

薬をしっかり飲んで、電動鼻水吸引機でケアして、ハチミツちゃんの健康を守っていきたいと思います。


スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。